高齢者の家がゴミ屋敷になりやすい理由

親とは別居していて、久しぶりに実家に帰ったらゴミ屋敷化していて困っているという声は、実は多く、誰もがその状況に悩ませられる可能性があります。

では何故高齢者の住宅がゴミ屋敷化してしまいやすいのかと言うと、まず考えられるのが加齢による体力の低下で片付けをするのが大変になっているという事です。
そして認知症等により「片付ける」という意識自体がなくなってしまっている場合もあります。
更に高齢者の方には戦争を体験している方がまだ多く、物が無かった時代を体験している事で、物を大切にする、即ち例えそれが不要な物であっても捨てられないという心理があるそうです。

ゴミ屋敷で生活するという事は、老若男女問わずに衛生面、健康面、精神面共に良くありません。
特に高齢者ですと、床のゴミに足を取られて転んで怪我をしてしまう可能性もありますので、ご家族だけで片付けられない状態になってしまったら、業者に頼んででも綺麗な家に回復させる事が必要でしょう。

https://youtu.be/pLqhSbVNWt8

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る