香炉とロウソク立てを綺麗にする

お仏壇に欠かせない香炉とロウソク立ては、定期的にお手入れをしたい物の一つですが、普段忙しい方などは意識してお手入れする時間を作るのが大変だと思います。
そこで今回はとても簡単に時間をかけずにお手入れをする方法をご紹介致します。

用意するものは段ボール、新聞紙、三角コーナーに使うネット、雑巾、お湯です。
まず段ボール箱の中に新聞紙を敷き、その真ん中にネットをセットしたら、香炉の中身をネットに入れてください。
そして灰を落とすようにネットを振ると、ネットの中に線香の燃えカスが残り、綺麗な灰は段ボールの中の新聞紙の上に落ちている状態になります。

続いてはロウソク立てですが、周りが濡れても良い場所にお湯と一緒に持っていき、ロウソク立てにお湯をかけるだけです。
熱いのに注意しつつ雑巾でロウソク立ての水気を拭き取ると、一緒に汚れも落とす事が出来ます。
最後に綺麗になった灰を新聞紙を上手く使い香炉に入れたら完成です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る