遺品整理代行業のお仕事

高齢化社会が進む中、遺品整理代行業というお仕事が注目を浴びています。

特に一人暮らしをしていた親の遺品整理を頼む方や、最近では生きているうちに思い出を整理したいという方から、生前整理を依頼する方も増えています。

遺品整理
遺品整理と言うと遺族からの依頼が多いイメージですが、近年は遺族以外からの依頼が増えてきているそうです。
例えば孤独死してしまった方のケースでは、遺族が全相続放棄してしまい、残された遺品や財産を整理する為に故人が住んでいた家の大家さんから依頼を受けると言う事もあったそうです。

作業中は思い出の品や貴重品などを見極めて仕分けを行い、紙1枚であってもずさんに扱う事はありません。
不用品になった服であっても、一つ一つのポケットをしっかりと確認して貴重品を見逃さないようにします。
整理した遺品は会社に用意してある、遺品供養の為の祭壇でスタッフ立会いのもと供養を行ないます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る