遺品整理の重要性

身内が亡くなってしまった時に、比較的優先度高く行なわなければならないのが遺品整理です。
持ち家で引き渡し予定もないしゆっくりとやっていけばいいと考えていると、相続や放棄の関係を考えた時に損をしてしまう可能性があります。

実は相続には手続きの期限が決められており、自分に相続がある事を知った時から3ヶ月以内に手続きをしないと無効になってしまいます。

遺書があったとしても故人に隠された借金があったりする場合もありますので、相続の全貌を知る為には故人が生活していた所を片付ける必要が出てくるのです。
遺品整理をせずに相続の手続きをしてしまうと、後から借金のようなマイナスの財産が出てきてしまう可能性があり、これらも負担しなければならなくなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る