腐敗体液による特殊清掃

遺品整理の後にすることがある特殊清掃とはどういうものなのか知りたい方はいるかと思います。特殊清掃とは、異臭や汚いものを掃除することを指すそうです。

今回の例として、約1ヶ月間発見されなかったため、腐敗が進み腐敗体液が床まで漏れてしまったということがあるそうです。床に小さな穴を明けて点検したところ、床下まで腐敗が到達していたそうです。協議をした結果フローリングの貼り直しだったそうです。

フローリングの板とその下地である根太を撤去するところから始め、基礎に腐敗体液が付着していますので、洗浄します。腐敗体液が付着していた基礎部分をコーティングします。
特殊清掃では、床の上がきれいになっても床下を確認して臭いのもとを絶たないと全てやり直しになってしまうそうですので、注意深く掃除しているそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です