孤独死の問題

高齢者社会が進むにつれて、一人暮らしをしているお年寄りの方が増えてきています。
孤独死と聞くとそうしたお年寄りだけに起こり得ることと考えてしまいがちですが、決してそういう事は無く、30代や40代の方の孤独死も問題となっています。

孤独死をしてしまったお年寄りにも若い方にも共通しているのが、人間関係が希薄になってしまっているということです。
一人暮らしをしていて、普段誰かと接する機会が無いと、亡くなられた後も中々発見されません。
変な匂いがする、やけに虫がいる、最近この人見ていない・・・そうした変化が現れてやっと発見される場合が殆どです。

こうした孤独死を防ぐ為に、近所に一人暮らしの方がいるのなら、普段から少しでもコミュニケーションをとるようにするのがいいのですが、個人だけでなく、地域ぐるみで一人一人を見守っていく体勢がとれないと孤独死を防ぐ事は難しいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る