孤独死の共通点

近年問題視されている孤独死を防ぐ為に、地域の方々が見守っていく必要があると、多くの自治体が対策に乗り出しています。
今回は孤独死の前兆に気づけるよう、知っておきたい孤独死をしてしまう方の共通点をご紹介致します。

まず多くの方に共通しているのが、物の量が多いと言う点です。
外に行くのが億劫で買い込んでいた食材が腐ってしまうことで、室内がゴミ屋敷のようになってしまい、ゴミに埋もれて亡くなっているケースも多くあります。
更に見ておきたいのが、冷蔵庫や洗濯機等の複数置くことが少ない家電が、2つあったり3つあったりしてしまっている点です。
家電が壊れて新しいのを買ったのは良いが、古い家電を捨てるのがやはり億劫になってしまうことから、このようなことが起こると言います。

特にこのような状態に陥りやすいのは男性で、自身のプライバシーに他人が入ってくることが嫌な方に見られがちな傾向だと言われていますので、身近にその様な方がいたら、積極的に見守っていくことが大切だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る